【レポート】MIDORI.so 永田町 何かが生まれ、何かを楽しむ場所

MIDORI.so(みどり荘とも表記しますが、以下はMIDORI.soに統一)・永田町は東京メトロ永田町駅か4番、9番b出口より徒歩約2分とアクセスに優れた永田町GRID5階のワンフロアを専有しています。その広さを活かし、交流できるようなスペースと作業に集中できるスペースがしっかりと分けられた設計。

また、MIDORI.soは永田町の他に中目黒・表参道・福井に展開していて、それぞれに個性豊かな入居者によって賑やかなコミュニティが形成されています。というのも、MIDORI.soに入居しているのは新進気鋭のクリエイターを中心としたクリエイティブな人々。外国人の入居者も多く交流を前提としたシェアオフィスなので、日本語と英語が飛び交う活気のある空間になっています。

 

何かが生まれ、何かを楽しむ場所

永田町と言えばなんだか固いイメージ。国会や関係省庁が集中して集まっていて、特別な用事が無い限り降りることが無い駅ではないでしょうか。

そんな永田町に2017年2月末にできたのが、永田町GRID。株式会社ガイアックスが運営するシェアスペースで「日本で一番シェアを体験できるビル」として運営されています。今回は5Fフロアに入っているワークスペース「MIDORI.so」のご紹介です。

 

東京メトロ永田町駅4番出口に出ます。取材当日はあいにくの天気でしたが、さすがは永田町。人の流れはかなり多い雰囲気です。

 

出口を出たら回れ右して、最初の交差点を左に曲がります。

 

そうすると奥の方になにやらビルが見えてくるはず。

 

あっという間に到着です。駅出口徒歩約2分とかなり駅チカな永田町GRID。壁面の多くがガラスに覆われた特徴あるデザインのビルなので、道に迷うことはなさそう。

 

永田町GRIDはオフィス、会議室、イベントスペース、カフェ、駐車場などビルの全てがシェア可能なビルで、GRIDの利用者はもちろんのこと、永田町のスタートアップやフリーランスにとって大きな交流の場となっています。

 

GRIDを入ってエレベーターで5階まで上がるとそこにMIDORI.soがあります。コワーキングスペースでもシェアオフィスでもない、ワークスペースという概念。

 

中は温かな照明と木をふんだんに使用したスペースとなっていて、入り口からMIDORI.so独特の雰囲気を感じることができるはず。

 

運営者が無理にクリエイティブっぽい雰囲気を創り出しているのではなく、そこに集まった多くのクリエイターやプロフェッショナルである人たちが自然と醸し出す雰囲気の良さ。

 

5階MIDORI.soの入り口から入ってすぐは、個人用のスペースになっています。フリー席やブース席、固定席プランなどがあり、他にも平日18-22時専用のナイトプラン、休日祝日10-19時の週末プランなど多くのプランを用意。
みんなで色々なプロジェクトを楽しめる場所を目指しているため、スポーツジムに入会するようなイメージで利用することも可能とのこと。

 

1人で集中して作業したり、電話会議が必要になったりしたときのために窓際の遮られたスペースもあります。陽が当たって心地の良い場所。

 

オープンスペースではありますが、あくまで作業する場なので静寂が保たれています。座ってみると作業中は作業スペースのみが視界に入り、少し伸びをしたり立ち上がってみると周りを見渡すことができます。人が作業していた方が集中できるという人も居ますよね。

 

個人用のロッカーや自由に使える複合機もあるので、ワークスペースとしても非常に便利です。コーヒーと水のフリードリンク、セキュリティの強いwi-fiなど設備も充実しています。

 

作業スペースとミーティングスペースやキッチンに繋がる廊下。左右の部屋は固定のスペースで企業や個人の方が入居しています。

 

2-4人程度の部屋は立ち上げ当初のスタートアップや、小規模のチームにぴったりの規模感。もちろんスペースとして個室にはなっていますが、上部があいているので窮屈感はなく活気ある雰囲気を感じることができます。

 

広い部屋は開放感に溢れていて、10人くらいまでは問題なく利用できそう。

 

シンプルな正方形の部屋なので、様々なレイアウトが考えられそうです。

 

廊下を渡ると、ソファなどが置かれたミーティングスペースへ。ミーティング以外にも食事や雑談等、先ほどのスペースと比べて賑やかなスペースになっています。

 

たくさんの光が入ってくる大きな窓。窓際の席は1人でも利用できるような空間です。ガヤガヤとした空間で作業したい人にはうってつけ。カフェや喫茶店で作業しているような雰囲気に近いかもしれません。

 

ミーティングスペースに置かれているソファの奥には書庫のようなものが見えます。

 

たくさんのデザインやアート、地域、クリエイティブに関する本が置いてあり、仕事のアイデアにつながりそうなものも。フォトグラファーの写真集も多くあるので、眺めているだけで楽しめそう。

 

書庫の中には、布団のようなものが……。

実はここは仮眠室になっているのです。作業に疲れたり、前日の作業が長引いたりして、なんだか調子が出ない日があるはず。そんな時のためにこのスペースが用意されていて、本に囲まれたスペースで横になることができます。

本好きの人にとっては最高の空間。気になった本を持って眺めながら、少しの時間リフレッシュして再び仕事に取り掛かる。良い仕事ができそうです。

 

活気あふれる空間ではたくさんのメンバーが打ち合わせや雑談、休憩など各々の自由に過ごしています。真ん中には全体を照らす大きな照明があり、MIDORI.soに漂う温かみや活気をそのまま形にしたかのようです。

 

その奥に進むとキッチンスペースがあります。かなり広い空間でまったりと過ごすことができそう。

 

平日火曜・木曜にはランチ会が開催されていて、美味しい食事を大人数で楽しむことができます。表参道に出店しているお店のケータリングなど、本格的なものも多く食事をしながら情報交換や交流が自然と行われているそう。

 

取材日はバリスタユニット「Let It Be Coffee」さんの出張コーヒーショップがオープン中。本格的なドリップによるコーヒーをいただける日でした。

 

もちろん電子レンジやコップなどが用意されているので、ランチ会以外の日でもキッチンを利用できます。

 

中には本格的な食器やグラスなども。

 

コミュニティマネージャーの小柴さんと増田さんにお話を聞きました。

―MIDORI.soのコンセプトについて教えてください。

そもそも働くとはなにか、というところから入っていて。「ただ就活して大きな企業に入るのが正解」という働き方じゃないものが生まれるんじゃないか、というところから始まりました。

中目黒から始まって、表参道、福井、そして永田町と4つですね。共通したルールは無くて、基本は自由である程度抑えるところは抑えておきましょう程度。だからかもしれませんが、他と比べて外国人の入居者の方も多くいらっしゃいますね。

 

―交流はかなり盛んですか?

ほぼ全員の人が関われるようにコミュニティマネージャーが促しています。MIDORI.soに関わることによって、新たなプロジェクトとか、面白いことが生まれて欲しいという考え方なので。

基本的には私たちが色々なイベントの企画運営をしているんですけど、協力してくれそうな人に声をかけていっしょにやったり、会計をやっている人がクリエイター周りの会計相談会を開いてくれたりとか、あったりします。

入居者の人がクリエイターを探していたり、何かプロジェクトを起こしたいと人を探していたりする時は、他の入居者の人を私たちが間に入って紹介することもあります。

温度感としては受注発注という雰囲気ではなく、どちらかという一緒にやりましょうくらいですね。

 

―MIDORI.soで楽しい瞬間っていつでしょう?

MIDORI.soに集まる人たちって言葉にしづらい共通認識があって。大きい社会みたいなものに対して、アンチテーゼとかそういった精神を持っている人が多い気がしています。そういうベースがあってお話できるのは楽しいですね。

だからこそ、一度入居してこの雰囲気が好きっていう風になっていただけると、長い間居てくれる人が多いのかな。

 

 

―今後のMIDORI.soについての考えを教えてください

もっと入居者同士で仕事のやりとりができたり、面白いプロジェクトが生まれてきたり、MIDORI.soに入れば仕事が増えるぞ!くらいまでにしたいですね。

いまメールマガジンで仕事のコラボレーションがあった時の報告とか、そこで生まれた仕事のインタビューをしていたりするのですが、もっとメンバーの仕事を見える化できるようにしていけたらと思っています。


MIDORI.soはまさにコミュニケーションを取り、仲間と一緒に過ごしていきたい人のためのワークスペースと言えるでしょう。入居者の方々も自分の予定やプライベートはしっかりと確保しつつ、仲間との交流を楽しみ、その中で新しい価値を生み出していくような考えを持った方が多いとのこと。

実際に行ってみるとその雰囲気の良さに驚くはず。ビルのワンフロア全面をスペースとしているにも関わらず、大人の遊び場とも言える秘密基地のような雰囲気を感じるワークスペースです。